金融機関の類型

金融機関を類型化する場合、その着目点を業態分野に置くか、または金融仲介機能の有無に置くかなどいくつかの方法がありますが、機能面に着目し、国内の現行金融機関を例にして分類・整理すると以下のようになります。

なお、全体の組織図と各種金融機関の業務内容などの詳細については、省略させていただきます。まず、国内の金融機関は中央銀行、民間金融機関および公的金融機関の3つに分類することが出来ます。

国内の中央銀行はいうまでもなく日本銀行です。公的金融機関には、郵便預金特別会計(郵便局)をはじめとして日本輸出銀行や日本開発銀行、そして各種公庫があります。

それらは後述する政府の財政投融資活動と関連した金融機関です。また民間金融機関は民間金融仲介機関とその他民間金融機関に分類されます。

後者には、証券会社や短資会社がある。前者はさらに預金取扱銀行とそうでない非預金取扱銀行に分けられます。

消費者金融

預金取扱銀行には、商業銀行、長期金融機関、中小企業金融機関及び農林漁業金融機関があり、。非預金取扱銀行には、生命保険会社や損害保険会社などがあります。

なおこの商業銀行には、都市銀行や地方銀行の普通銀行と在日外国銀行があり、長期金融機関には、長期信用銀行と信託銀行があります。中小企業金融機関には、信用金庫や信用組合、そして労働金庫や商工組合中央金庫などがあります。