消費者金融違

違法業者かどうかの確認

貸金業登録

消費者金融を選ぶ上で一番重要なポイントは、借りようとしている金融業者が違法業者ではないかの確認です。まず最初に貸金業登録をしているからどうかを確認してみましょう。

貸金業者は看板や広告には必ず目の見える箇所に登録番号を掲載しなくてはなりません。もしも、広告にそういった番号が記載されていなければ、それは違法業者である可能性が高いです。

また、登録をしていたとしても、信用するにはまだ早いです。中には貸金業登録をした上で、非合法な貸付を行っている金融業者も存在しています。

登録番号でも最初の一桁が(1)であれば、まだ更新していない新しい業者なので、注意しましょう。

では、なぜ貸金業登録をしてまで非合法な貸付をしているかといいますと、元々が非合法な貸付をしている業者が、顧客を広く集めるために貸金業登録をしていると考えたほうが、わかりやすいでしょう。

登録していれば、スポーツ紙や雑誌などに広告が掲載できますので、集客が容易になります。非登録だと、そういった広告は掲載できません。また、登録業者ということで顧客が信頼してしまうといった側面もあります。

0

上限金利

そして、違法業者の一番の特徴として上限金利を守っていないということです。彼らはこれ以上借りれない多重債務者をねらって融資を持ち掛けてきますので、そういった顧客は目先のお金が重要なのであって、上限金利など二の次に考えてしまいます。だから、そういった違法な金利で借りていても、当局に通報しないのです。

しかし、借りる側としても利息制限法の知識くらいは知っておくべきです。現在定められている上限金利は、借入額によって変動しており、その利率は以下の通りです。

  • 10万円以内・・・・・・・20%
  • 10万円〜100万円・・・18%
  • 100万円以上・・・・・・15%

融資の案内には要注意

金融業者からの借入が増えてくると、どこからともなく融資の案内が届いてきます。「借金を低金利で一本化!」「審査が甘いので誰でも融資可能」といった、まるでこちらの状況を掌握しているかのような誘い文句ですが、こういった案内書には要注意です。