借りやすい消費者金融

審査の注意点

消費者金融ランキング

借りやすい消費者金融とは

借り入れ件数が増えてくると、消費者金融の審査が厳しくなってきます。多重債務者への融資は金融会社にとっても焦げ付くリスクが発生するからです。

また、自己破産などをされてしまっては、取りっぱぐれの危険性も出てきます。かつてのような厳しい取立てが出来ない現代、審査を厳しくして、それらのリスクを回避するのが消費者金融の目論見です。

0

それに加えて、一昨年に施行された総量規制の影響で年収の三分の一以上の借り入れが出来なくなりましたし、身分証明の提出義務の厳格化で夫に無断でキャッシングしていた主婦も審査に通らなくなりました。

これによって一番影響を受けるのが、今まで借金の支払いを新規借り入れで賄っていた自転車操業をしていた人たちです。こういった人たちは、借金の支払いが出来なくなってしまったので、行き着く先は自己破産か闇金融などに手を出す以外に道はありません。

闇金融はその名の通り、審査が甘く少々の多重債務者にでも融資をしてくれますが、支払いが滞ると大変なことになります。ガラの悪い取立て屋が自宅や勤務先に現れるだけで、相当な精神的負担になります。

よほど支払いが出来るという見通しがない限りは、絶対手を出してはいけません。

0

口コミで人気の高い金融会社

ランキング形式でランク付けする場合、金利が低い順、審査が甘い順、限度額が高い順、などで分類することが可能です。

金利が低い消費者金融は、モビット、プロミス、アコムなどの大手消費者金融が代表的でしょう。これらの消費者金融は金利が低くて借りやすいものの、多重債務者やブラックなどの方は審査に通ることが出来ません。

0

借り入れ件数が3件以内でないと審査に通らないでしょう。それ以外となると、中小の消費者金融になりますが、金利は大手より少し高くなります。

その分、大手より審査は若干やさしくなりますが、借り入れ件数が4件くらいだと考えておいてください。それ以上だと、審査で落とされる可能性が高くなります。

それ以上の借り入れ件数がある方は、債務整理を考えられたほうがよいでしょう。

もっとも、将来お金の入る予定があってその場をしのぎたいと考えている方などは、貸金業に登録をしていない、闇金融業者を探してみると融資を受けることが可能です。

ブラックでも借り入れ可能ですので、返済する目処があるのならお金を借りるとよいでしょう。ただし、あくまでもご利用は計画的に実行しましょう。

0

0最終更新日 2016/9/22

消費者金融一覧